スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒気帯び運転 伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で(毎日新聞)

 【ロサンゼルス吉富裕倫】米大リーグのヤンキースやロッテ、阪神などでプレーした伊良部秀輝・元投手(41)が酒気帯び運転の疑いで米ロサンゼルス郊外で逮捕されていたことが25日、分かった。

 ガーデナ市警察によると、伊良部元投手は17日午前1時半ごろ、自宅に近い同市内で蛇行運転し、駐車中の車に衝突しそうになったところを巡回中のパトカーに発見された。飲酒検査の結果、逮捕され、同日午前10時半に5000ドル(約45万円)の保釈金を払って釈放された。血液検査の結果が判明する約1カ月後に起訴するかどうか判断される。

 伊良部元投手は昨年、四国・九州アイランドリーグの高知で現役復帰したが、今年1月に2度目の引退を表明。現在は、ロサンゼルスで少年野球の指導などをしている。

 07年8月には大阪市北区の飲食店で酒に酔って店長を殴ったとして暴行容疑で現行犯逮捕され、起訴猶予処分になっている。

【関連ニュース】
酒気帯び運転:伊良部元投手を逮捕 米ロス近郊で
横浜3人死傷:飲酒者に車提供の容疑者在宅起訴
ひき逃げ:フィリピン人の女を殺人未遂容疑で追送検 千葉
酒気帯び:巡査を懲戒免に 奈良県警
飲酒運転:取り消し処分者の講習強化 自覚日記4週間

民主の参院選公約、月内決定見送り(読売新聞)
<雑記帳>明るい社会づくりに谷村新司さんが応援歌で協力(毎日新聞)
「生涯現役の秘訣」指南、6月から介護予防講座―東北福祉大(医療介護CBニュース)
国交省職員、詐欺容疑で逮捕=激甚災害事業めぐり500万円詐取―鹿児島県警(時事通信)
<普天間移設>鳩山首相、知事会に一部訓練の受け入れ要請(毎日新聞)
スポンサーサイト

<トキ>最後のペアも抱卵中断…今春のひな誕生絶望的(毎日新聞)

 環境省は21日、新潟県佐渡市で放鳥されたトキのペアが、卵を温める「抱卵」行動を中断したと発表した。長時間巣を離れており、卵はふ化しないとみられる。今春のひな誕生が期待されていた最後のペアで、34年ぶりの「2世誕生」は絶望的となった。絶滅した動物を野生復帰させる難しさが浮き彫りになった。

 このペアはともに09年に放鳥された4歳の雄と2歳の雌で、27日以降にふ化の時期を迎えると予想されていた。しかし、20日午前7時50分ごろ、雄が離れ、同日午後以降は雄と雌がともに巣に戻らないままになっている。

 一方、環境省は21日、カラスに襲われ巣から離れたペアが別の場所に再び巣を作っているのを確認したと発表した。もう1組の営巣も確認されているが、いずれも産卵は観察されていない。

 佐渡では3月中旬以降、5組の営巣が確認。このうち4組の卵は親鳥が捨てたり、カラスに奪われたりして、いずれも繁殖に失敗した。環境省は「繁殖期が終わりに近づき、今期の繁殖の可能性はほとんどない」としている。

 トキは戦後、乱獲で激減し、03年に国産が絶滅した。中国から贈られたトキで人工繁殖を始め、08年から野生復帰を目指し放鳥が始まった。【磯野保、畠山哲郎】

 ◇

 卵がふ化しなかったのは、無精卵だったか有精卵だったとしても初期の段階で発育が止まったためとみられている。放鳥されたペアがいずれも2~4歳で、人間では10~20代に当たる。交尾に不慣れなどの理由で、無精卵である確率が高く、抱卵もまだうまくできないという。

 佐渡トキ保護センターで07~09年に産まれた卵288個のうち、有精卵は半数の146個。野生復帰に成功している中国では、人工飼育後に放鳥されたトキの方が野生で育ったトキよりひなが巣立ちつ成功率は低い。

 外敵の問題もある。今月10日に巣を襲ったカラスは2羽いて、1羽がトキの注意を引きつける間に、別の1羽が巣にある卵をつつくという巧妙な手口を使った。永田尚志新潟大准教授(鳥類生態学)も「外敵対策をトキに学んでもらうしかない」と話す。

 それでも、トキを一斉に飛び立たせ群れさえできなかった08年の初放鳥に比べると、今期は放鳥方法の改善などで4組が抱卵まで進んだ。2015年までに60羽の定着を目指す環境省にとって前進だ。山階鳥類研究所の尾崎清明副所長は「野生のトキが約30年間いなかった地域で、餌や営巣できる木があることを確認できた。この経験を生かすことが重要だ」と話す。【畠山哲郎、足立旬子】

【関連ニュース】
放鳥トキ:カラス卵2個持ち去る ふ化の期待あと1組に
小沢環境相:秋のトキ放鳥に前向き
放鳥トキ:ひな誕生した可能性 餌を与える仕草
放鳥トキ:秋田に雌1羽飛来…これまでの飛来地で最北
雑記帳:テン、富山の動物園へ トキ保護センターで捕獲

来ないiPad 個人輸入、届けば中身カラッポ(産経新聞)
もっちり食感がたまらない 米粉パン じわり人気(産経新聞)
<羽生市長選>河田氏が無投票再選(毎日新聞)
自民党 青木幹雄氏、参院選出馬を断念 軽い脳梗塞で入院(毎日新聞)
貸金業法違反の5社に行政処分 東京都(産経新聞)

大阪ブドウもう一度 大阪・羽曳野・駒ケ谷地区 復権へ耕作放棄地を再生(産経新聞)

 かつて全国トップのブドウ産地を誇った大阪府羽曳野市駒ケ谷地区の再生に、同市が今年度から乗り出した。農地拡大を目指してブドウ作りの担い手を市内外から募るほか、観光農園などを整備する。地元からは「もう一度、大阪ブドウを日本一に」と“ブランド”の復権に大きな期待がかかっている。

 「大阪府農業史」(府農業会議)などによると、駒ケ谷地区は大正時代に開墾。昭和10年には、同地区に代表される府内のブドウ栽培面積は866ヘクタールとなり、山梨県を抜いて全国1位に躍り出た。大阪人のワイン消費量も増えて府内には約120の醸造所が軒を連ね、産地には“ブドウ御殿”と呼ばれる農家の豪邸が立ち並んだ。↓ しかし、高度経済成長期の宅地開発や農家の高齢化により耕作放棄地が広がり、平成17年の栽培面積は最盛期の4割程度の490ヘクタール(全国8位)にまで激減。駒ケ谷地区で生まれ育ったブドウ農家、森弘司さん(67)は「子供のころはもっと活気があった。今は荒れ地が増え、ひどい状況だ」と嘆く。

 この流れに歯止めをかけようと、羽曳野市は耕作放棄地の再生を軸にした大阪ブドウ復活作戦を構想。市が耕作放棄地を無償で借り、定年退職者らの希望者を募って栽培に取り組んでもらうといい、今年度はまず、土地所有者らに「無償で貸せるか」などの意向調査を実施する。

 さらに、近鉄駒ケ谷駅周辺でブドウ狩りができる観光農園やイベント広場の整備も予定。地元農業関係者らが活性化のアイデアを出し合う検討委員会も活動を始めた。

 委員会メンバーで、同地区の醸造所「河内ワイン」専務、金銅真代さん(55)は「大阪土産といえばワインというイメージを定着させたい」。森さんも「地元パワーを結集し、ナンバーワンだった当時の活気を取り戻せれば」と意気込んでいる。

普天間5月末決着先送り、閣僚から意見相次ぐ(産経新聞)
原田美枝子さん接触事故=自転車男性に、けがなし-東京(時事通信)
被害者感情と国民理解を重視=B型肝炎和解、慎重に検討-鳩山首相(時事通信)
関西3空港一元管理で、神戸商議所会頭が「神戸空港民営化も選択肢」(産経新聞)
<赤ちゃんポスト>設置3年「子にとって虐待」病院側が変化(毎日新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。